アトピーに塗る非ステロイド系の薬

非ステロイド薬とは、簡単に言えば「ステロイドではない薬」ということになります。

ステロイドではないということで、安心してしまう人もいますが、
それは少し違います。

非ステロイドの塗り薬では、アトピーの症状が悪くなることはあっても、
よくなることはないのです。

もし、今までにステロイドを使わずにアトピーが治ったというときは、
それは、効かないはずの薬がたまたま効いた、偶然治る時が来ていた・・・
ということが言えるでしょう。

非ステロイド系の薬がアトピーに処方されると、
ステロイドではないから安心、
且つ、炎症を抑える効果が期待できる!と思ってしまいます。

しかし、非ステロイドには、アトピーの炎症を抑える作用は殆どありません。

むしろ、かぶれてしまって、大変なことになる可能性もあるのです。

また、非ステロイドとステロイドを混ぜて処方する医師もいます。

ステロイドだけれど、非ステロイドを混ぜているから
安心して使って良いですよ・・・
などと、言われた経験のある人も多いのではないでしょうか。

しかし、これもとても危険です。

非ステロイドがかぶれを起こしていても、
ステロイドがそのかぶれを治し・・・それを繰り返せば、
肌には大きな大きなダメージになります。

つまり、アトピーに、非ステロイド薬は効果がないのです。

ジクジク汁が出ているようなアトピーに、
非ステロイド系の薬を塗ることは無意味ですし、
アトピーを悪化させてしまうことになりかねません。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ