ステロイド薬を使うと肌が茶色になる?

湿疹が治った後、茶色のシミが皮膚に残ることがあります。

すると、そのシミを「ステロイド薬を使ったからこうなった。」と思ってしまう人が多いです。

しかし、これはステロイドのせいではありません。

皮膚に炎症が起きると、その炎症が治った後に、皮膚が茶色になるのは、
どんな薬を使って治したか?ではなく、「炎症の程度」が問題になります。

アレルギーの炎症が軽いうちに、ステロイド薬を使って
速く治してしまうと、治った後の皮膚の色も残りにくくなります。

ですが、重症の炎症を治した後は、
皮膚の色は濃く残ってしまいます。

茶色いシミを残さないようにするためには、
アトピーは軽いうちにはやく治すのが一番です。

また、茶色いシミは、紫外線に当たらないようにすると、
薄く済むことがあります。

治療中の皮膚を紫外線にあて、日焼けをした状態にしてしまうと、
茶色のシミが濃くなってしまいます。

このような茶色のシミを「色素沈着」と言います。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ