ステロイド薬の塗り方

皮膚の炎症を抑えるには、ステロイドが最も速く、よく効きます。

ですから、あまりにも酷い場合は、ステロイドの飲み薬を使って
治療することもあります。

飲んで治すのは、短期間で集中的に行う応急処置です。

殆どのアトピーは、塗り薬で治療します。

ですが、ステロイド薬を塗るときには、ステロイドのことをよく知ってから使いこなすことが大切です。

間違って使うと、様々なトラブルの原因となり、
結果、ステロイドは「怖い薬だった」ということになってしまいます。

 

発症の重症度とステロイドの強さをあわせる

ステロイドを使ってアトピーを治すときに大切なことは、
アトピーの重症度と、ステロイドの強さを合わせることです。

たとえば、軽症のアトピーに、最強のステロイドを塗れば、
副作用が強く出てしまいますし、
重症のアトピーに弱いステロイドを塗っても、
効き目が出ません。

軽いアトピーには、弱いランクのステロイドを塗り、
重度のアトピーには、強いランクのステロイドを塗るのが基本です。

弱い薬を3日間塗ってみても治らない場合は、
ワンランクあげるなど、薬のランクを変えていきます。

アトピーの薬は、「症状の重度によって使い分ける!」ことが大切です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ