抗生剤入りのステロイド

抗生剤とは、細菌を殺すための薬のことです。

抗生剤入りのステロイド薬は、
炎症も治し、細菌も殺すという優れたものなのですが、
この抗生剤入りのステロイド薬を長く使い続けると、
その薬が合わなくなり、皮膚がかぶれてしまうことがあります。

また、抗生剤の塗り薬が合わなくなると、
それと同じ種類の抗生剤が入った飲み薬や点滴も合わなくなり、
アレルギー症状を起こすこともあります。

ですから、抗生剤入りのステロイドは、
必要な場合だけ使うというのが鉄則です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ