アレルゲンは全て除去すべき?

アレルゲンは、RAST(ラスト)の検査で220種類ほど調べることができます。

ですが、これらのアレルゲンを全て取り除こうと思うと無理があります。

まずは、検査をして、「なにが大丈夫なのか、なにがダメなのか。」と
自分自身で知ることが必要です。

また、アレルゲンが、実際に体内に入ってきたときに、
アレルギー症状を起こすのか、
起こすのであれば、どんなアレルギー症状が出るのかを確認しなければなりません。

RASTの結果で、数値が高いものであっても
アレルギー症状が出ないものもありますし、
逆に数値が低いからと安心していると、
重度のアレルギー反応を起こすことがあったりするからです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ