口腔アレルギー症候群

食べ物を食べた後、「唇が腫れた。」、「喉がイガイガする。」、
「胸が苦しくなった。」というような症状が出る人は、
「口腔アレルギー症候群」というアレルギーの病気を持っているということになります。

口腔アレルギー症候群は、最初に症状が出たのは「メロン」だったのに、
そのうち、「もも」や「トマト」、「キウイ」、「バナナ」でも
アレルギーが出る様になってしまうということがあり、
さらに厄介なことに、「花粉症」の症状も出ると言う人が多いです。

口腔アレルギー症候群は、別名「花粉・食物アレルギー症候群」とも呼ばれています。

そして、花粉症と果物や野菜との関係が深い特徴を持っています。

たとえば、「シラカンバ」で花粉症の症状が出る人は、
リンゴやさくらんぼ、桃、キウイ、メロンなどの食物アレルギーが出やすいです。

また、「イネ科」の花粉症を持っている人は、
桃、トマト、メロン、キウイ、バナナ、スイカなどの食物アレルギーの可能性がありますし、
「ブタクサ」の花粉症がある人は、メロンやきゅうり、スイカ、バナナ、
「ヨモギ」の花粉症がある人は、セロリに食物アレルギーの可能性があります。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ