免疫抑制剤でアトピーを治す

ステロイド以外の薬の中では、免疫抑制剤の塗り薬は、
アトピー対策に最もおススメな薬です。

ですが、ステロイド薬と同じように、
正しい使い方をしなければ、その効果を得ることができませんし、
皮膚にダメージを与えてしまうことになります。

日本で使うことができる免疫抑制剤

日本で使うことができる免疫抑制剤は、一種類だけです。

子供用と大人用があり、「炎症を抑える強さ」は、
子供用ではステロイドの「ミディアム」、
大人用ではステロイドの「ストロング」と同じ程度の効き目レベルです。

免疫抑制剤を使うときの注意点

免疫抑制剤の分子量(粒の大きさ)は、ステロイドよりも大きいです。

ですから、皮膚の中に吸収されるときに、めりめりと言う感じで入っていくため、皮膚にヒリヒリするような刺激感や、火照り感などを感じます。

このように刺激の強い薬を、発疹が酷い部分に塗れば、
痛くてとても辛い目に遭ってしまいます。

ですから、免疫抑制剤は、とても酷いアトピー発疹を、まずステロイドで良くした後、良い状態を維持するために使用します。

敢えて免疫抑制剤を使う理由とは

ステロイドでアトピーが治癒できるのであれば、
免疫抑制剤を使う必要はないのでは?
と思うと思います。

ですが、敢えて免疫抑制剤を使うことがあります。

それは、ステロイドはとても効果のある素晴らしい薬ですが、粒が細かいため、発疹部だけでなく、正常な皮膚からも吸収されてしまいます。

しかし、免疫抑制剤は粒が大きいため、発疹部のみから吸収されます。

つまり、正常な部分とで炎症が起きている部分が入り混じっているような、発疹の出始めには、免疫抑制剤は、とても好都合な薬なのです。

本来塗る必要のない治療が進んでいる部分、そして少しだけ治療が必要な部分が残っているところにステロイドを使うのに抵抗があるとき、免疫抑制剤がおススメです。

特に、顔や首など、ステロイドを長期間塗ることを避けたい部分に、免疫抑制剤が頼りになります。

免疫抑制剤とガンの関係

免疫抑制剤を使うと「ガン」になる・・・と心配する人もいます。

しかし、使い方を間違えなければその心配はないといわれています。

世の中の間違った情報に振り回されることがないように、自分自身で納得できるまで調べ、確信を持って治療を進めましょう。

 

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ