民間療法ではアトピーは治らない?

アトピーは、「ビジネス」になってしまいます。

「アトピービジネス」という言葉があるほどです。

では、なぜ、アトピーがビジネスになるのでしょうか?

それは、アトピーをビジネスにしている人は、
皮膚科医よりも「親身になって話を聞いてくれる。」、
「色々相談に乗ってくれる。」、「心配して同情してくれる。」からです。

親身になって話を聞いてくれたり、相談にのってくれたり、
心配して同情してくれると、患者さんは落ち着きます。

そして、たくさん病院を回ったけれど治らない、
それなら、この民間療法なら治るかもしれない、
優しい人だから、この人の言うとおりにしてみようかな?
と思ってしまっても当然です。

民間療法には、効果があるものもあり、
全てが悪いとは限りません。

しかし、民間療法を行っている人は、それを商売にしていますが、
医師ではないので、医療行為をすることはできませんし、
何らかのトラブルがあっても、責任は取ってもらえません。

もし、トラブルがあったことを伝えると、
逆ギレして開き直られてしまったり、
手のひらを返したように怖い人になる・・・というようなことも起こっています。

患者さんは、「良い人だと思っていたのに裏切られた。」
という気持ちになってしまうでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ